東方遊戯王

小説トップ
東方紅魔郷
ルーネイトエルフ 2
「えっと………わたしの先攻でいいでしょうか?」
「ええ。どうぞ」
「それではモンスター1体を伏せて、カードを2枚を伏せます」

大妖精
手札 5→2

「……これで、ターンエンドです」

 序盤の立ち上がりとしてはかなり無難な立ち上がりをした。

大妖精
LP8000 デッキ35 手札2
モンスター1
魔法、罠2

「それじゃあ私のターンね。ドロー!」

 手札を見たアリスは渋い顔をする。カラクリはS召喚からの圧倒的な展開力でアドバンテージ差をつけるデッキ。それ故に下級モンスターの質は高いとは言えず、下級モンスターのみの時の展開力も低い。初手でS召喚できないと苦しくなるのだ。

「仕方ないわね。私は何もせずにこのままバトルフェイズに入る」
「どういうことですか?モンスターがいないと攻撃できないんじゃ」
「ええ。だから、バトルフェイズでも何もせずにメインフェイズ2に移行するわ」
「?」

 バトルフェイズに入る前のメインフェイズ1とバトルフェイズ後のメインフェイズ2とはできることに違いがあるわけではない。しかし、一見意味のないこの行動にもアリスは意味を見いだしている。

「私の使う下級モンスターは癖が強いからね。単純に出すだけじゃいけないのよ。カラクリ商人 壱七七を通常召喚!」

カラクリ商人 壱七七
☆2 ATK500

「カラクリ商人の召喚に成功した時、デッキからカラクリと名のつくカード1枚を手札に加える。この効果でカラクリ小町をサーチするわ」

アリス
手札5→6 デッキ34→33

「カラクリ解体新書を発動し、カードを1枚伏せてターンエンド」

アリス
LP8000 デッキ33 手札4
モンスター1
魔法、罠2

「エンドフェイズに永続罠を発動させます。神の恵み!」
「ライフゲインカード?」

 デュエル初心者にありがちな勘違いだが、ライフゲインは基本的にはアド損である。このカードゲームは攻撃に重点がおかれているゲームバランスであり、多少のライフゲインは物ともしないからだ。
 また、ライフを回復するだけではフィールドのカードに与える影響がなく、戦況を一転させるに当たらない。

(どういうつもりかしら?妖精がバカだからそれが分からないとかそういうこと?)

 アドバンテージに重きを置くアリスにとっては理解しがたい戦略だ。

「えっと……わたしのターンです。ドロー!カードをドローしたことにより、神の恵みの効果でわたしのライフが回復します」

大妖精
LP8000→8500

「そして、伏せモンスターであるジェルエンデュオを2体分の生け贄としてリリース!」

 大妖精の伏せモンスターは丸っこい双子の天使。ダブルコストモンスターと言うことは大型の光属性天使族が来ると言うことだ。

「大型の天使族、ライフゲイン……なるほどね。あの辺りのモンスターか」
「…いきます。光神機ー轟龍!」

光神機ー轟龍
☆8 ATK2900



「ダグラの剣を装備して攻撃力を500ポイントアップします」

光神機ー轟龍
ATK2900→3400

大妖精
手札2→1

「バトルフェイズに入ります。轟龍でカラクリ商人に攻撃!」
「カラクリ商人の効果発動!攻撃対象に選択された時、このカードの表示形式を変更する。そしてカラクリ解体新書の効果!カラクリが表示形式変更する度にカラクリカウンターを乗せるわ」

カラクリ商人 壱七七
ATK500→DEF1500

カラクリ解体新書
カラクリカウンター0→1

「無駄ですよ、轟龍が守備表示モンスターに攻撃する場合、相手の守備力を自身の攻撃力が越えていれば相手に貫通ダメージを与えます」

アリス
LP8000→6600

「そして、ダグラの剣を装備しているモンスターが相手に戦闘ダメージを与えた場合、その数値分自分のライフポイントを回復します」

大妖精
LP8500→9900

「ライフを2000支払い、エンシェント・リーフを発動します。カードを2枚ドロー」

大妖精
LP9900→7900
手札1→2 デッキ34→32

「カードをドローしたため、神の恵みの効果でわたしのライフが回復します」

大妖精
LP7900→8400

「これで、わたしはターンエンドです」

大妖精
LP8400 デッキ32 手札2
モンスター1
魔法、罠3

 アリスはフィールドを見直してみる。手札はまだ動ける状態じゃない。大妖精のフィールドには3400の大型モンスター。

(除去がない訳じゃないけど、これは相手の切り札にぶつけたいのよね)

「私のターン、ドロー!」

(今は耐えるしかないわね)

「一時休戦を発動!お互いにカードをドローして次の私のターンのエンドフェイズ時までお互いにあらゆるダメージを受けない」

アリス
デッキ32→31

大妖精
手札2→3 デッキ32→31

「カードをドローしたのでライフを回復しますね」

大妖精
LP8400→8900

 大妖精のライフは回復したがアリスは満足そうだ。

(よし、これで次のターンには動けそうね)

「構わないわ。ターンエンド」

アリス
LP6600 デッキ31 手札5
モンスター0
魔法、罠2

■筆者メッセージ
挿し絵はpixivの絵師の皆様の協力のもとで使用しております。

大妖精:千羽チドリ様

使用許可の方して下っている皆様、ありがとうございます。
KngOzk ( 2016/02/08(月) 05:05 )